ダイエット、100円均一といったら「なろマル!」

ダイエット、100円均一について情報をUPしてます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

hostsとlmhostsの違い

最初は両者違いが全くわからず、
また書籍等々を読んでもさっぱりなことが多かったため、
過去にネットワークを構築する際には、悪戦苦闘しました。
自分なりに調べた内容を記載しておこうと思います。

まずhostsファイルとは、TCP/IPネットワークにおけるIPアドレスと
端末名との対応に関して定義したファイルです。
またlmhostsファイルとは、そもそもlmとはLAN Manager(なつかしい・・。)の略であり、
NetBIOS over TCP/IPプロトコルを使用するネットワーク上の
端末の定義をしたファイルです。

次にhostsに出来てlmhostsに出来ないものは、
1. 1つのIPアドレスで複数の端末名を定義できる。
2. FQDN名が定義できる。すなわちwww.google.co.jpのように、
  ホスト及びドメイン名を省略せず表記が可能。
3. lmhostsは15文字までの制限があるが、hostsにはない。

反対にlmhostsに出来て、hostsに出来ないものは、
1.NetBIOS上の属性定義ができる。
 ドメイン、ユーザ、コンピュータ名などの役割を明示した定義ができる。
 また特殊記号などの使用が可能。(#PRE,#DOM等々)
 これによりWindowsクライアントPCは、ドメインコントローラへの接続や、
 他セグメントのサーバとの通信及びサービスの利用が可能となる。

最後に、ある程度の規模のネットワークでは、hostsの役割はDNSサーバ、
またlmhostsの役割はWINSサーバを使用したネットワーク管理を行うことで
効率的かつ一元的な管理を行っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/01/10(火) 04:42:18|
  2. hostsとlmhostsの違い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

lmhosts

前に会社で未だに稼働しているNTドメインの信頼関係が切れたとか、
サーバにアクセスできないとかの話があった。

自分は管理部門とは全く違う部署の人間ですが、
当該部門はほとほと困られているようで、
頼まれたため色々調査してみると、
どうやらlmhostsの記述に問題あり。

具体的には、ドメイン上のPDC(0x1B)が
複数サーバの項目に記述されていたことにより、
クライアント端末がおのおの別のPDCと認識してしまい
ブラウジング、名前解決の際、各種不具合が発生した模様・・。

おいおい、かなり前からメンテナンスしてないな。

ちなみにlmhostsの記述では、0x1bがPDCを表す。
(具体的にはちょっと違いますが…。詳細はまたの機会に)
また0x1cはドメインコントローラ(認証サーバ)を表します。
なのでドメインコントローラだからといって
0x1bを複数サーバに指定しない方がよいです。
 
詳しくはMicrosoft サポートページへ

というかネットワーク管理されている方に、
NTドメインからADに変えてもWinsとか使うんであれば
この辺のWindowsネットワークについて、
理解しておいたほうが何か問題があったときに役立つと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ

テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/01/09(月) 00:04:54|
  2. lmhosts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。